のりかえローン

MENU

のりかえるならこのローン!

 

お金を借りたのはいいが、結構な金額になってしまった。どうせ借りるなら金利の低いところにのりかえたい。。。


こういったニーズに答えてくれるのが高額低金利の銀行カードローンです。のりかえる金額にあわせて低金利カードローンをお選びください。

リボ払いの借り換えなら低金利な銀行カードローン

オリックス銀行


※カードローンの借り換えはできません

金利 年利 1.7%〜17.8%
限度額 最高 800万円

銀行のりかえローンの審査が心配・落ちてしまった

 

複数借入で金額も年収に対して大きくなってしまったので銀行のカードローンの審査は厳しい。。。


そんな方には大手消費者金融二社がおすすめ。銀行の保証会社も兼ねる以下の大手消費者金融二社ならしっかり審査してくれること間違いなし。ただしのりかえローンの旨をしっかり伝えることが審査に通る秘訣です。

借入額が大きくなるのりかえローンならしっかり審査してくれる大手消費者金融

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

のりかえ合計金額が300万円までののりかえローンなら、総量規制の例外が適用された『貸金業法に基づくおまとめローン』で年収の1/3以上でものりかえローン利用が可能です初回30日無利息サービス(要メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)もあるので実質利息もぐっと下がります。金利の低い大手消費者金融なので銀行でののりかえローンの申込みが厳しくなった現在では頼もしいのりかえローンになっています。
プロミスなら女性の方も安心なレディースキャッシングもありますので、女性オペレーターが必ず対応してくれるレディースキャッシングから申込んでもいいですね。
※『貸金業法に基づくおまとめローン』:借入限度額最高 300万円 実質年率 6.3%〜17.8%(のりかえ金額が最高300万円のためにこの金利になっています。)『貸金業法に基づくおまとめローン』は申込みサイトがありません。この申込みボタンからプロミスの申込みフォームに必要事項を入力し、送信後にプロミスに電話して『貸金業法に基づくおまとめローン』で審査してくださいと伝える申込み方法が確実です。

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

アコムでものりかえ合計金額が300万円までののりかえローンなら『貸金業法に基づく借換え専用ローン』がありますので、総量規制の範囲を超えた借り換えも申込可能です。総量規制の範囲内であれば、最大800万円の借入可能額と大手消費者金融の低金利でのりかえをサポートしてくれます。最大30日金利ゼロサービス(要35日毎返済の選択)も使えますので利息圧縮にも貢献してくれます。
※『貸金業法に基づく借換え専用ローン』:借入限度額最高 300万円 実質年率 7.7%〜18.0%(のりかえ金額が最高300万円のためにこの金利になっています。)『貸金業法に基づく借換え専用ローン』は申込みサイトがありません。この申込みボタンからアコムの申込みフォームに必要事項を入力し、送信後にアコムに電話して『貸金業法に基づく借換え専用ローン』で審査してくださいと伝える申込み方法が確実です。

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

のりかえローンも全て審査を通過する訳ではなく、個人の年収のりかえ額などによって利用するのりかえローンが異なってきます。終点はアコムになっていますが、アコムにもアコムマスターカードという他にないメリットもあります。

 

いずれにせよ借入・返済していく上で楽天銀行の口座があったほうが便利ですので口座開設しておくことをおすすめします。

 

>>楽天銀行無料口座開設

東京スター銀行のスターワンバンクローン(のりかえローン)はどんな商品?

名称 スターワンバンクローン(のりかえローン)
金利 年率7.8%〜9.8%
借入限度額 30万円以上1,000万円以下
年齢制限 満20歳以上65歳未満
年収制限 年収200万円以上
申込地域制限 なし

東京スター銀行ののりかえローンは他社借入を乗り換えて、更に追加で繰り返し借入も可能なカードローンです。繰り返し利用できる条件については、のりかえローンを追加で繰り返し利用できるの条件によります。

 

金利についての詳細の適用範囲の明示はなく、あくまでも年率7.8%〜9.8%の範囲内で決定されるとの事ですが、2%の変動範囲なのでそれ程変わり映えしない感じになっています。

 

100万円までの借入ののりかえについては、のりかえローンの最高金利は年率9.8%となっていますので、審査に通れば最低でもこの金利ですのでかなり低い金利で乗り換えられることになります。ただしこれ以上のりかえの金額が上がってくると、他社カードローンはどんどん金利が低くなるのに対して、のりかえローンの場合は低くなっても−2%ですので他の銀行カードローンの方が低くなってきます。

参考:オリックス銀行カードローンの適用金利
コースご利用限度額借入利率(年)
800万円コース700万円超800万円以下1.7%〜4.8%
700万円コース600万円超700万円以下3.5%〜5.8%
600万円コース500万円超600万円以下
500万円コース400万円超500万円以下4.5%〜8.8%
400万円コース300万円超400万円以下
300万円コース200万円超300万円以下5.0%〜12.8%
200万円コース150万円超200万円以下
150万円コース100万円超150万円以下6.0%〜14.8%
100万円コース100万円
100万円未満コース100万円未満12.0%〜17.8%

 

最高金利が低いということもあって、のりかえローンの申込制限はかなり厳しいものになっています。給与所得者であるということが条件となっており、対象者は正社員・契約社員・派遣社員に限られてきます。もちろん、

 

 

パート・アルバイト・専業主婦・年金受給者・学生・自営業の方は申し込むことができません。


更に年収の制限もあり、年間200万円以上(税込)の年収が必要になりますので、月額にするとおよそ16万7千円以上必要になってくる計算です。

 

のりかえローンの審査では結果如何によっては姉妹商品であり、返済に専念するタイプのスターバンクローン(おまとめローン)が案内される場合があります。のりかえローンは最高金利が低く、繰り返し利用できるようにしているため東京スター銀行に「取っての与信が高い方向けの商品で、保証会社も系列の保証会社になっています。

 

与信の低い方で返済に専念すれば何とか借り換えに融資してもいいんじゃないかという方はおまとめローンの方を案内されるようになります。こちらも系列の保証会社ですが、最高金利は高くなり返済に専念するタイプですので、利用限度額は低くなり追加で融資を受けるのにはかなり返済が進まなければならなくなります。

参考:東京スター銀行おまとめローンの適用金利
名称 スターワンバンクローン(おまとめローン)
金利 年5.8%〜14.8%
借入限度額 最高1,000万円
年齢制限 満20歳以上65歳未満
年収制限 年収200万円以上
申込地域制限 なし

のりかえローンの対象となる借入

申込者本人に対する個人無担保ローンの借り換えやおめとめをする商品です。具体的な対象になる借入は、

銀行・信用金庫・信用組合・労働金庫・農業協同組合・信販会社・カード会社・消費者金融会社等の金融機関のローン(事業性を除く)です。

消費者金融などの貸金業者の総量規制の例外による借り換えの際の、銀行からの借入は借り換えできないなどということはありませんので安心です。

のりかえローンを追加で繰り返し利用できるの条件

のりかえローンは返済が進むに連れ、繰り返し追加で利用できる金額が大きくなっていくローンです。具体的にはまず他社からののりかえについて審査されます。そして利用限度額(繰り返し利用可能な借入枠)が審査されます。のりかえた借入残高が利用限度額を下回った場合のみ

 

 

利用限度額とのりかえた借入残高の差額を上限に繰り返し利用することが可能です。


例えば、120万円の他社借入をのりかえローンに申込んだとします。審査が通り、利用限度額は100万円と出たとします。この場合まだのりかえた借入の残高(120万円)が利用限度額を下回っていない為、追加で借りることはできません。

 

数ヶ月して返済が進み、元金は40万円減りました。この時のりかえた借入の残高は80万円になっており、利用限度額の100万円を下回っていますので、その差額である20万円を上限に追加で借入ができるようになります。

のりかえローンの借入方法

のりかえローンはのりかえ対象の借入に対して、代理で振込んで返済するというシステムではないようです。のりかえローンはカードが発行されるわけではありませんので繰り返しの借入に関しては、

 

 

  • 東京スター銀行のインターネットバンキング(東京スターダイレクト)を利用したオンライン借入
  • 東京スター銀行の窓口を利用した振込による借入

になります。

のりかえローンの返済方法

東京スター銀行ののりかえローンの返済日は毎月10日(東京スター銀行の休行日は翌営業日)で、東京スター銀行の普通口座より自動引落になります。約定返済は明示されていないという部分は不安ではあります。

 

また東京スター銀行のインターネットバンキング(東京スターダイレクト)を利用して随時返済を行うことも可能です。

のりかえローンの審査に通る人

一慨にのりかえローンの審査には「こんな人が通る」とはいえませんが、通りやすい人というのは実際おられると思います。では、その審査に通りやすい人というのはどんな人なのか?

 

 

審査に通りやすい人と言うのは、金融機関の商品申込みの際に可否を決めるスコアリングの高い人と言う事になります。


スコアリングの高い人とは、職業としては経済的に安定傾向の公務員であり、おまとめするにあたり借入れ総額も少ない等が考えられます。のりかえローンをする場合、審査に有利に働くのはやはり、借金をまとめる商品とは言えども他からの借り入れ状況が多い場合審査に有利には働きませんので、件数や総額は多いより少ない方が理想といえます。

 

更に借入れに伴い返済は規則的に行う事が当然重要なので「安定した収入が見込める」事が重要で、バイト等で働いているよりは「正社員」で働かれている方の方が、のりかえローンの審査も優位に働くはずです。

 

 

審査に通りやすい人ということで考えると、のりかえローンを組む際、審査に重要なスコアリングの中には家族構成の部分もありますが、それというのもローンを組むにあたり実は結婚されている方が審査に通りやすい傾向にあるからなので、未婚者よりも既婚者の方が確率的には審査が通りやすくなると考えられます。

 

 

いずれにしても昨今は、不景気と言える状況なので、中には家に電話が無いという方も多くおられるわけですが、のりかえローンを組むにあたり、固定電話がある方がやはり望ましいと考えられますので、この部分も審査に通りやすいか否かが分かれる部分です。

 

また銀行系ののりかえローンの利用を検討の場合は、その銀行との取引があると更に審査も可決しやすい傾向であると考えられますので、審査を通りやすくするためには、ご自身利用の銀行系ローン商品を利用するというのも一つの手段になりますね。

 

 

ただし、現在銀行のカードローンは貸し過ぎが自己破産者の増加に寄与しているということで、おまとめ・借り換え系の申込みには自主規制を掛けている状態です。


なので、おまとめローン・借り換え・のりかえローンは銀行カードローンにお任せ!という時代は終わったのです。

 

いずれにしても審査に可決しやすい人とは、以上のような事が考えられますが、結論としてのりかえローンの審査に通りやすい人と言うのは「安定した収入」大前提であり「借入れ状況がよい」と言う事が考えられます。当然、これらを満たす事によりのりかえローンの審査は有利に働くと考えられます。

 

ただし、何らかの問題がありスコアリングの結果が低い場合は、いくら正社員で収入が安定していても否決となる場合も当然考えられますので、正社員なら間違いないと考えることは間違いです。

 

 

結論として、のりかえローンの審査に通る人、通りやすい人というのは、とにかく「安定」が見込める人で、「経済的破綻の要素のない」方が考えられます。

 

当然、のりかえローン商品を提供している金融機関も貸したはいいが返してもらえないとなれば当然いけませんので、「貸し倒れしないと見込める」人に貸すという事になり、おまとめ商品の審査に通りやすいのは、結果的に『貸し倒れする要素が見られない』人と言うのが考えられます。